Home > NEWS > ウマの驚きの事実が続々発覚、大規模ゲノム研究で|NATIONAL GEOGRAPHIC

ウマの驚きの事実が続々発覚、大規模ゲノム研究で|NATIONAL GEOGRAPHIC


ウマは私たちの暮らしに長い間寄り添ってきた
とても身近な動物です。
かつては、農業や林業において大事な役割を
担っていましたし、移動手段としても
活躍してきました。

今回は、フランス国立科学研究センターなどの
研究グループが行った、ヒト以外を対象とした
過去最大規模のゲノム時系列の研究によって、
人間による品種改良の結果で家畜のウマの
遺伝的多様性がどうなったのかを調査した
研究をご紹介します。

数万年にわたってアジアおよびヨーロッパに
生息していたウマ278頭のDNAを調査した
データを元に、解析を実施。
その結果、わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


121人の科学者が参加した大規模なゲノム研究により、足が速くなったのはごく最近で、現在のウマの遺伝的多様性は史上最も低く、人知れず絶滅していた系統が2つ存在したことなど、衝撃の結果が続々と判明した。

情報源: ウマの驚きの事実が続々発覚、大規模ゲノム研究で

 


error: