学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

時を超えて蘇る50年前の歌声 ~スモールデータを用いたタスク混合深層学習による歌唱再現~|東京大学

人工知能の発達で、モーフィングと呼ばれる 技術によって、自分の表情や口の動きなどを 別のイメージとして変化させる技術によって 驚くような映像を目にする機会が増えています。 今回ご紹介するのは、人工知能によって ミュージシ…

さらに表示 時を超えて蘇る50年前の歌声 ~スモールデータを用いたタスク混合深層学習による歌唱再現~|東京大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

「⾜元で起きる進化」の波及効果―たった1 種の形態進化が植物群集の多様性を変える― | 日本の研究.com

地球上には、さまざまな植物や動物が存在し、 それらは絶妙なバランスの上で成り立っている といえます。人間が行う自然破壊や 環境を大きく変化させる活動をすることで そのバランスが容易に崩れてしまうこともわかっています。 今…

さらに表示 「⾜元で起きる進化」の波及効果―たった1 種の形態進化が植物群集の多様性を変える― | 日本の研究.com
学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

高齢者1人当たりの介護費の地域差は最大で4倍〜無料アプリ「あなたの街の介護が見える」も開発〜 | 筑波大学

筑波大学の研究グループは、 自治体間の介護費の地域差を調べるため、 一般公開されている2019年度の 「介護保険事業状況報告」と 「社会・人口統計体系」のデータを用いて、 自治体(市区町村)における 高齢者1人当たりの年…

さらに表示 高齢者1人当たりの介護費の地域差は最大で4倍〜無料アプリ「あなたの街の介護が見える」も開発〜 | 筑波大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

「大統領がナルシストだと戦争が長引く」という研究結果|GIGAZINE

国家を率いる指導者、特に首相や 大統領といった国の方針を決める存在は その舵取りが国に大きな影響を及ぼします。 研究当時オハイオ州立大学に在籍していて、 現在はリボン・カレッジで助教を務める研究者が 「アメリカ大統領の性…

さらに表示 「大統領がナルシストだと戦争が長引く」という研究結果|GIGAZINE
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

シジュウカラに言語の核:2語を1つにまとめる力(併合)を確認|京都大学

私たちは、言葉でさまざまな認識を行います。 紹介する研究にも記載してあるように 「小さくて黒い犬」という説明の言葉には、 ”小さくて”と”黒い犬”がひとつにまとまった表現で さらに「黒い犬」も”黒い”と”犬”がまとまった…

さらに表示 シジュウカラに言語の核:2語を1つにまとめる力(併合)を確認|京都大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

子ども医療費「タダ」の落とし穴|東京大学

子どもの医療費負担ゼロについて 最近では話題に上ることが増えています。 家計の負担を軽減するためにも 子育て世代の出費を抑えることは 重要な施策のひとつでもあります・ この子どもの医療費を少額で負担する場合と 無料にする…

さらに表示 子ども医療費「タダ」の落とし穴|東京大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

瞳孔は運動負荷の増加に伴い非線形的に拡大する〜「目は心の窓」、軽い運動でも脳は覚醒するらしい〜 | 筑波大学

瞳孔は目に入ってくる光を調節するために 拡大したり縮小したりします。 この瞳孔の拡大や縮小が、脳の覚醒を もたらす神経活動を反映するとして、 注目を集めているそうです。 筑波大学の研究チームは、 瞳孔の拡大や縮小と運動負…

さらに表示 瞳孔は運動負荷の増加に伴い非線形的に拡大する〜「目は心の窓」、軽い運動でも脳は覚醒するらしい〜 | 筑波大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

コロナ禍における東京都郊外部庭園観光の動向 管理運営者のオーバーツーリズムとアンダーツーリズムに対する意識|東京大学

コロナ禍において、観光地に観光客が ほとんどいない状態になりました。 このコロナ禍だけでなく、急激な観光の衰退を 「アンダーツーリズム」と呼ぶそうです。 また、その逆で多くの観光客が特定の観光地に 集中することで引き起こ…

さらに表示 コロナ禍における東京都郊外部庭園観光の動向 管理運営者のオーバーツーリズムとアンダーツーリズムに対する意識|東京大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

面白くて考えさせられる研究に贈られるイグノーベル賞2022年度受賞者まとめ、連続16人目の日本人受賞も|GIGAZINE

2022年のイグ・ノーベル賞が発表となり、 アンドラの学習ニュース拾い読みでも 工学賞を受賞した千葉工業大学の研究や 文学賞を受賞した法的文書が読みにくい 理由の分析を行った研究について 取り上げました。 今年のイグ・ノ…

さらに表示 面白くて考えさせられる研究に贈られるイグノーベル賞2022年度受賞者まとめ、連続16人目の日本人受賞も|GIGAZINE
学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

「海のユニコーン」イッカクの行動パターンをカオス理論で解明。北極域での絶滅危惧種の保護対策に活用へ|北海道大学

イッカクは、その雄が1本の非常に長い牙を 持っていることで知られている鯨類です。 その形状から、海のユニコーンとも呼ばれています。 イッカク|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki…

さらに表示 「海のユニコーン」イッカクの行動パターンをカオス理論で解明。北極域での絶滅危惧種の保護対策に活用へ|北海道大学