脳活動をfMRIによって測定する従来の方法に問題があるとの指摘|GIGAZINE

MRIを使用して人間の脳などの活動を 血液の流れから視覚化する「fMRI」。 最近では、思考や感情の脳活動を測定する目的で 「fMRI」を研究に採用しているケースも増えています。 fMRI|Wikipedia https…

さらに表示 脳活動をfMRIによって測定する従来の方法に問題があるとの指摘|GIGAZINE

日本初記録のハゼ科魚類を大学院生が発見 体の虎柄模様に因み「トラハゼ」と命名 | 日本の研究.com

ハゼは、身近な魚の一種です。 世界の海域、汽水域、淡水域に約189属約1359種、 そして、日本には107属、493種が生息するとされる 最も繁栄している魚の一種なのだそうです。 ハゼ|Wikipedia https:/…

さらに表示 日本初記録のハゼ科魚類を大学院生が発見 体の虎柄模様に因み「トラハゼ」と命名 | 日本の研究.com

海底地下の岩石から、腸内に匹敵する微生物の密集を発見 東京大学 | 大学ジャーナルオンライン

地球表面で最も一般的に見られる玄武岩。 海洋底の大部分を占める岩石でもあります。 玄武岩|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/玄武岩 しかし、水深の深い海洋地殻については、 試…

さらに表示 海底地下の岩石から、腸内に匹敵する微生物の密集を発見 東京大学 | 大学ジャーナルオンライン

みんなで輪になってドラムを叩こう! 認知症や虚弱疾患があっても楽しめるプログラムを開発 | 日本の研究.com

東北大学と理化学研究所などの研究グループは、 認知症高齢者でも座りながら実施できる ドラム・コミュニケーション・プログラムを開発。 ドラムを叩くというようなリズム反応運動は、 重度認知症になっても維持している能力で、 腕…

さらに表示 みんなで輪になってドラムを叩こう! 認知症や虚弱疾患があっても楽しめるプログラムを開発 | 日本の研究.com

奨学金延滞者の約20%が「貸与終了後に返還義務を知った」 日本学生支援機構が調査 | 大学ジャーナルオンライン

大学進学の際に、奨学金を利用する人も多いと思いますが、 奨学金の返還が卒業後の生活にも影響を与えることもあり、 減額返還制度と返還期限猶予制度のような 返還が難しい場合の手段も設けられています。 返還が難しいとき|独立行…

さらに表示 奨学金延滞者の約20%が「貸与終了後に返還義務を知った」 日本学生支援機構が調査 | 大学ジャーナルオンライン

危機に瀕した人を助けようとしない「傍観者効果」が、ラットでも確認される | ナゾロジー

自分以外に傍観者がいる時に率先して 行動を起こさないという集団心理は、 社会心理学で「傍観者効果」と呼ばれています。 傍観者効果|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/傍観者効果…

さらに表示 危機に瀕した人を助けようとしない「傍観者効果」が、ラットでも確認される | ナゾロジー

「感情を理解する能力」がIQと同じくらい学業成績にとって重要という研究結果|GIGAZINE

知能指数IQは、頭の良さを表す指数のひとつですが、 それとは別に心の知能指数を表す指標にEQがあります。 心の知能指数|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/心の知能指数 シドニ…

さらに表示 「感情を理解する能力」がIQと同じくらい学業成績にとって重要という研究結果|GIGAZINE

子どもの運動主体感の時間窓は大人より短いと判明、畿央大学が調査 | 大学ジャーナルオンライン

「その行動を引き起こしたのは自分だ」という感覚と判断を 運動主体感と呼ぶそうです。 この運動主体感は2つの階層レベルで構成されると 考えられていて、第1のレベルでは自分が行った運動と その結果が時間的に一致すると運動主体…

さらに表示 子どもの運動主体感の時間窓は大人より短いと判明、畿央大学が調査 | 大学ジャーナルオンライン

自分が感じるレモンの香りは全人類共通の認識だった!脳が「嗅覚をコード化」する仕組みがマウス実験で判明 | ナゾロジー

「レモンの匂い」と自分が感じているものを 本当に他の人も同じような香りとして認識しているのか というと、もしかしたら違う認識があるかもしれません。 今回は、匂いに関するこのような疑問に対しての ひとつの答えになるかもしれ…

さらに表示 自分が感じるレモンの香りは全人類共通の認識だった!脳が「嗅覚をコード化」する仕組みがマウス実験で判明 | ナゾロジー

過度なダイエットは寿命を縮めかねない ~ヒト健康・寿命のモデル動物である線虫の摂食量と生存率の普遍法則を発見 ~ | 日本の研究.com

私たち人間は、生きることために食べる必要があります。 しかし、時に食べ過ぎてしまい体重増加となり、 今度はダイエットのために過度に摂食を制限したりと 健康的に食事を摂ることの難しさを感じたことがある という人も少なくない…

さらに表示 過度なダイエットは寿命を縮めかねない ~ヒト健康・寿命のモデル動物である線虫の摂食量と生存率の普遍法則を発見 ~ | 日本の研究.com