学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

「左利きのイヌ」の割合は人間よりはるかに大きいことが約1万8000頭を対象にした研究で判明|GIGAZINE

イギリス・リンカーン大学の研究チームは、 イヌの利き手を調べるため、1万7901頭の イヌを対象にした大規模な調査のデータを 分析する研究を実施。 実験データは、英国放送協会(BBC)が 「Test Your Pet」と…

さらに表示 「左利きのイヌ」の割合は人間よりはるかに大きいことが約1万8000頭を対象にした研究で判明|GIGAZINE
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

児童思春期のコロナストレス、定期的な身体活動で改善期待 | 大学ジャーナルオンライン

新型コロナウイルスの感染予防対策として 活動を制限されるのは大人だけでなく、 子どもたちも様々な場面で制限を受けています。 そのため、心理的にストレスがある状態が 長く続いているといったケースも多く、 発達への影響も懸念…

さらに表示 児童思春期のコロナストレス、定期的な身体活動で改善期待 | 大学ジャーナルオンライン
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

大学人気ランキング、国立1位は東大…公立・私立は? | リセマム

アンドラでは、さまざまな調査による 大学のランキング結果をご紹介しています。 今回ご紹介するのは、JSコーポレーションが 調査した結果のうち上位10位を紹介した 記事をご紹介します。 学校情報サイト「日本の学校」を運営す…

さらに表示 大学人気ランキング、国立1位は東大…公立・私立は? | リセマム
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

新型コロナで大学などの研究活動、74%が停滞または停止 | 大学ジャーナルオンライン

新型コロナウイルスの感染拡大により その感染対策のため、2020年には 大学などの研究機関は大きな影響を 受けました。 感染防止のため、ウェブ会議システムや オンラインで授業を受ける仕組みの導入は 進んでいますが、研究活…

さらに表示 新型コロナで大学などの研究活動、74%が停滞または停止 | 大学ジャーナルオンライン
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

「ヒ」と「シ」の発音を混同するメカニズムを リアルタイム MRI とスーパーコンピュータにより解明 | 日本の研究.com

江戸っ子などが、例えば、「紐(ひも)」を ”ヒモ”と発音するところを”シモ”と発音したり、 「東(ひがし)」を”シガシ”と発音したり といった「シ」と「ヒ」の発音が混同して 発音される現象があります。 江戸言葉|Wiik…

さらに表示 「ヒ」と「シ」の発音を混同するメカニズムを リアルタイム MRI とスーパーコンピュータにより解明 | 日本の研究.com
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

うつ病が「細胞の老化を加速させる」という報告|GIGAZINE

うつ病は、精神的ストレスや、 身体的ストレスなどを背景に、 脳がうまく働かなくなっている状態のため、 早めに専門家に相談し、しっかりと 休養をとることが大切とされています。 うつ病|みんなのメンタルヘルス|厚生労働省 h…

さらに表示 うつ病が「細胞の老化を加速させる」という報告|GIGAZINE
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

馬が想像以上に賢いことが「ミラーテスト」から明らかに|GIGAZINE

「鏡に映った像を自分自身と認識する能力」 の有無を調べる「ミラーテスト」は、さまざまな 動物で行われています。 アンドラでも、魚に関するミラーテストの研究を ”学習ニュース拾い読み”でご紹介したことがあります。 http…

さらに表示 馬が想像以上に賢いことが「ミラーテスト」から明らかに|GIGAZINE
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

線香の煙を吸入すると喘息が悪化する? -線香の煙が気道に及ぼす影響を科学的に解明- | 日本の研究.com

お線香はさまざまな宗教的な行事などで 使われるだけでなく、最近ではフレグランスのような 柑橘系やフローラル系などのさまざまな香りの 線香を楽しむという人も増えています。 ただ、最近の臨床研究で、お線香を日常的に 使用する…

さらに表示 線香の煙を吸入すると喘息が悪化する? -線香の煙が気道に及ぼす影響を科学的に解明- | 日本の研究.com
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

ブッダで悩みを解決、仏教対話AI「ブッダボット」の開発 -伝統知と人工知能の融合-|京都大学

京都大学こころの未来研究センターの 研究グループは、現代人の悩みや 社会課題に対して仏教的観点から 回答する仏教対話AI「ブッダボット」を 開発しました。 この仏教対話AI「ブッダボット」は、 Quantum Analy…

さらに表示 ブッダで悩みを解決、仏教対話AI「ブッダボット」の開発 -伝統知と人工知能の融合-|京都大学