学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

瞳孔は運動負荷の増加に伴い非線形的に拡大する〜「目は心の窓」、軽い運動でも脳は覚醒するらしい〜 | 筑波大学

瞳孔は目に入ってくる光を調節するために 拡大したり縮小したりします。 この瞳孔の拡大や縮小が、脳の覚醒を もたらす神経活動を反映するとして、 注目を集めているそうです。 筑波大学の研究チームは、 瞳孔の拡大や縮小と運動負…

さらに表示 瞳孔は運動負荷の増加に伴い非線形的に拡大する〜「目は心の窓」、軽い運動でも脳は覚醒するらしい〜 | 筑波大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

コロナ禍における東京都郊外部庭園観光の動向 管理運営者のオーバーツーリズムとアンダーツーリズムに対する意識|東京大学

コロナ禍において、観光地に観光客が ほとんどいない状態になりました。 このコロナ禍だけでなく、急激な観光の衰退を 「アンダーツーリズム」と呼ぶそうです。 また、その逆で多くの観光客が特定の観光地に 集中することで引き起こ…

さらに表示 コロナ禍における東京都郊外部庭園観光の動向 管理運営者のオーバーツーリズムとアンダーツーリズムに対する意識|東京大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

面白くて考えさせられる研究に贈られるイグノーベル賞2022年度受賞者まとめ、連続16人目の日本人受賞も|GIGAZINE

2022年のイグ・ノーベル賞が発表となり、 アンドラの学習ニュース拾い読みでも 工学賞を受賞した千葉工業大学の研究や 文学賞を受賞した法的文書が読みにくい 理由の分析を行った研究について 取り上げました。 今年のイグ・ノ…

さらに表示 面白くて考えさせられる研究に贈られるイグノーベル賞2022年度受賞者まとめ、連続16人目の日本人受賞も|GIGAZINE
学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

「海のユニコーン」イッカクの行動パターンをカオス理論で解明。北極域での絶滅危惧種の保護対策に活用へ|北海道大学

イッカクは、その雄が1本の非常に長い牙を 持っていることで知られている鯨類です。 その形状から、海のユニコーンとも呼ばれています。 イッカク|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki…

さらに表示 「海のユニコーン」イッカクの行動パターンをカオス理論で解明。北極域での絶滅危惧種の保護対策に活用へ|北海道大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

メントールの冷感が運動持続時間を延長! 運動に伴う息苦しさを和らげ有酸素運動を心地よく継続|東北大学

メントールは冷んやりとした冷感を感じるため、 夏の暑い日に肌を拭うシートに使われていたり、 咳止めや飴などにも利用されています。 メントール|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki…

さらに表示 メントールの冷感が運動持続時間を延長! 運動に伴う息苦しさを和らげ有酸素運動を心地よく継続|東北大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

腐食しにくく強度もあるステンレス鋼の特性を保ったまま3Dプリントする方法が開発される|GIGAZINE

3Dプリンターの技術が普及したことで、 さまざまなものを作ることができるようになり、 医療分野や家や橋などの建築、 そしてネジやボルトなどの工業製品まで 多くの分野で利用されるようになっています。 ただ、3Dプリンターは…

さらに表示 腐食しにくく強度もあるステンレス鋼の特性を保ったまま3Dプリントする方法が開発される|GIGAZINE
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

電気自動車は夜間より昼間に充電した方が電力供給網のコストを抑えられる|GIGAZINE

世界的にガソリンで走る従来の車から 電気自動車などへのシフトが加速化しています。 今回はその電気自動車の充電に関する アメリカの研究をご紹介します。 2022年2月時点で、カリフォルニア州では 100万台の電気自動車が走…

さらに表示 電気自動車は夜間より昼間に充電した方が電力供給網のコストを抑えられる|GIGAZINE
学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

咳の流量2倍で約100倍の微小なエアロゾルが発生!? ~咳による体内のエアロゾル発生をコンピュータシミュレーションで再現~|東北大学

コロナ禍ではエアロゾルによる感染の広がりに 注意が促され、さまざまな対策を講じるように なっていると思います。 咳やくしゃみを含む呼吸活動によって、 体内の粘膜からナノ―ミリスケールにわたる エアロゾルが発生して、大気中…

さらに表示 咳の流量2倍で約100倍の微小なエアロゾルが発生!? ~咳による体内のエアロゾル発生をコンピュータシミュレーションで再現~|東北大学
学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

スナメリも音でコミュニケーションをしていた! 世界初報告となる「パケット音」を含む2種類の鳴音の発見|三重大学

スナメリは、瀬戸内海東部ではナメ・ナメノウオ、 瀬戸内海西部ではゼゴン・ゼゴンドウと 呼ばれることもある海の生きものです。 スナメリ|せとうちネット https://www.env.go.jp/water/heisa/h…

さらに表示 スナメリも音でコミュニケーションをしていた! 世界初報告となる「パケット音」を含む2種類の鳴音の発見|三重大学
学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

たった「1時間」を自然の中で過ごすだけで脳活動が変化してストレスが軽減される可能性|GIGAZINE

ドイツのマックス・プランク人間発達研究所の 研究チームは、自然の中で過ごすことが 人々のストレス反応を直接的に減らすかどうかや、 扁桃体にどう影響するのかを確かめるための 実験方法を考案。 まず健康な被験者たちにアンケー…

さらに表示 たった「1時間」を自然の中で過ごすだけで脳活動が変化してストレスが軽減される可能性|GIGAZINE