多くの人々が混乱した「モンティ・ホール問題」直感に逆らう確率問題の原因は? | ナゾロジー

かつてアメリカのゲームショー番組の司会者だった モンティ・ホールの名前がついた確率論の問題があります。 その問題とは、閉じられた3つのドアがあり そのドアの1つには景品の車、 他の2つのドアにはハズレを意味するヤギがいま…

さらに表示 多くの人々が混乱した「モンティ・ホール問題」直感に逆らう確率問題の原因は? | ナゾロジー

コロナ禍の外出自粛により生活リズムが変化 ~3万人規模の調査成果~ | 日本の研究.com

早稲田大学、株式会社askenらの研究グループは、 askenが提供する食事管理アプリ「あすけん」の 利用者に対して、新型コロナウイルス感染拡大による 外出自粛中の生活リズムの変化について アンケート調査を実施。 アンケ…

さらに表示 コロナ禍の外出自粛により生活リズムが変化 ~3万人規模の調査成果~ | 日本の研究.com

新型コロナでひきこもり増加の可能性、名古屋大学など指摘 | 大学ジャーナルオンライン

名古屋大学、英国グラスゴー大学の 共同研究グループは、英国における 「ひきこもり」の関心の高まりに応える形で、 英国における青年の「ひきこもり」の現状把握などの 調査を2016年以降実施してきたそうです。 今年の新型コロ…

さらに表示 新型コロナでひきこもり増加の可能性、名古屋大学など指摘 | 大学ジャーナルオンライン

ソフトウエア技術者の能力と加齢との関係を明らかに 中高年労働力の活用促進に期待|近畿大学

デジタル化への移行という社会的な背景もあり、 慢性的なソフトウェア開発者の人員不足を解消する 一つの鍵として中高年技術者の活用が考えられます。 ただ、加齢がひとつのハードルとなっています。 この加齢による能力の低下を補う…

さらに表示 ソフトウエア技術者の能力と加齢との関係を明らかに 中高年労働力の活用促進に期待|近畿大学

幼少期にポケモンにはまった人は、脳に「特化した領域」が出来ている:研究結果|WIRED

耳のすぐ裏の側頭葉にあるひとまとまりの 脳領域は、顔、単語、数、場所、色といった 情報を認識するエンドマメほどのサイズの 小さなニューロンの塊の部位があります。 カリフォルニア大学バークレー校の博士研究員で、 実験当時は…

さらに表示 幼少期にポケモンにはまった人は、脳に「特化した領域」が出来ている:研究結果|WIRED

新型コロナウイルス感染における遺伝的背景に地域的・民族的な差は見つからず | 大学ジャーナルオンライン

新型コロナウイルスの感染が広がる中、 疾病率や死亡率には地域差があることが 多くニュースとなっており、特にアメリカ合衆国では、 アフリカ系やラテン系の感染者の死亡率が 他の種族・民族系と比べて有意に高いといった 報告もあ…

さらに表示 新型コロナウイルス感染における遺伝的背景に地域的・民族的な差は見つからず | 大学ジャーナルオンライン

自分勝手で嫌な性格の人は成功までの道のりが長い、カリフォルニア大学研究報告|@DIME アットダイム

米カリフォルニア大学バークレー校 Haas School of Businessの研究チームは、 1999〜2008年に米国の3つの大学の 大学院またはMBA(経営学修士)プログラムに 在籍していた男女を対象とした調査を…

さらに表示 自分勝手で嫌な性格の人は成功までの道のりが長い、カリフォルニア大学研究報告|@DIME アットダイム

30年前に比べて高齢者が心身ともにパワーアップしていると判明|GIGAZINE

フィンランドのユヴァスキュラ大学の研究チームは、 ユヴァスキュラ大学のスポーツ健康科学部 および老年学研究センターで2つのコホートの 運動と認知能力に関するデータを分析。 1つ目のコホートは、1989年から1990年の間…

さらに表示 30年前に比べて高齢者が心身ともにパワーアップしていると判明|GIGAZINE