Home > NEWS > 脳内の発話信号から音声合成に成功、発話障がい者を支援 カリフォルニア大|CNET Japan

脳内の発話信号から音声合成に成功、発話障がい者を支援 カリフォルニア大|CNET Japan


脳卒中などの脳に起こる病や、
外傷による神経障がい、パーキンソン病や
筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの疾患によって
声を出せない状態となってしまう場合があります。

こうした声を出せない状態になったときに
発声のサポートとなるような研究結果が
発表されました。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の
研究チームは、声を出す際に脳で発生する
電気信号を解析することで、
発声される言葉を信号パターンから合成。

その結果、脳内の発話信号から音声合成に
成功したそうです。

詳しい仕組みや実際に作成された音声などは
リンク記事でご確認ください。


カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究チームは、声を出す際に脳で発生する電気信号を解析することで、発声される言葉を信号パターンから合成することに成功した。

情報源: 脳内の発話信号から音声合成に成功、発話障がい者を支援–カリフォルニア大

 


error: