Home > NEWS > タンポポは種を遠くに飛ばす植物の中でも特に効率のいい仕組みになっている|GIGAZINE

タンポポは種を遠くに飛ばす植物の中でも特に効率のいい仕組みになっている|GIGAZINE


タンポポの綿毛に息を吹きかけて、
遠くに飛ばすような遊びを子どもの頃に
経験した人も多いかもしれません。

綿毛状の羽に種が付いている形状は冠毛と呼ばれ、
この毛によって、わずかな空気の流れでも
漂うように遠くまで飛んでいくことができます。

エディンバラ大学分子植物学研究所の研究チームが
垂直風洞を使い、種子を自由に飛行させたときと、
固定した場合の空気の流れを可視化する
実験を行いました。

冠毛により空気の流れはどのように
調整されているのでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


by Nine Köpfer
タンポポの種が風に乗って飛んでいく光景はそう珍しいものではありませんが、同じように種を遠くに飛ばす仕組みの翼果に比べたときに、単位面積あたりの空気抵抗が4倍以上あり、はるかに効率がいい仕組みになっていることが研究によって明らかになりました。

情報源: タンポポは種を遠くに飛ばす植物の中でも特に効率のいい仕組みになっている


error: