Home > NEWS > 女性CEOは男性CEOよりクビにされやすい 研究で明らかに | Forbes JAPAN

女性CEOは男性CEOよりクビにされやすい 研究で明らかに | Forbes JAPAN


男女平等が問題として取り上げられるようになって
久しいのですが、ことビジネスの世界では、
女性の社会進出が進んだ現在でも、
様々な問題を抱えています。

2018年11月に公表された2つの研究から、
どのような問題があるのかを取り上げた
米国のビジネス界における記事をご紹介します。

一つ目は「賃金格差」。
女性政策研究所(IWPR)の報告から
賃金格差の実態と、休職した後の
男女における賃金格差についてを考察しています。

もう一つは、「女性の最高経営責任者(CEO)は、
男性CEOと比べて、解任される確率が
ずっと高い傾向が見られる」というもの。
アラバマ大学、メンフィス大学、クレムソン大学、
ミズーリ大学の研究者チームが行なった、
株式公開企業の2000年から2014年の
プレスリリースや、ExecuCompやBoardExなどの
データベースで調査した結果で考察しています。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


女性はここ数十年、ビジネス界で数々の業績を残してきた。にもかかわらず、いまだに過去の亡霊に足を引っ張られていることが、2018年11月に公表された2つの研究から明らかになった。問題のひとつは賃金格差だ。女性政策研究所(IWPR)が発表した…

情報源: 女性CEOは男性CEOよりクビにされやすい 研究で明らかに | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 


error: