Home > NEWS > 青年期のBMIが22㎏/m²以上で将来の糖尿病発症リスクが高まる ~ 青年期からの体重コントロールの重要性 ~ | 日本の研究.com

青年期のBMIが22㎏/m²以上で将来の糖尿病発症リスクが高まる ~ 青年期からの体重コントロールの重要性 ~ | 日本の研究.com


順天堂大学の研究グループは、
体育学部(現スポーツ健康科学部)の
卒業生を対象とした調査研究を実施しました。

調査研究では、卒業生の男性661名(平均55歳)に、
大学卒業以降に糖尿病の有無および
糖尿病と診断された年齢を聴取しました。

また、50年以上にわたり蓄積された体格や
体力のデータから、大学在学時のBMIを算出し、
大学卒業から糖尿病発症または調査研究までを
追跡期間(27–36年) とした、
ヒストリカルコホート研究を実施した結果を
発表しています。

大学在学時(平均22歳)のBMIを4つの群
・BMI21.0kg/m²未満
・BMI21.0-22.0kg/m²
・BMI22.0-23.0kg/m²
・BMI23.0kg/m²以上
に区分して、各群での糖尿病発症率を比較した結果
わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】青年期のBMIが22㎏/m²以上で将来の糖尿病発症リスクが高まる ~ 青年期からの体重コントロールの重要性 ~ | 日本の研究.com


error: