Home > NEWS > 匂いによるストレスは、その匂いを不快と思うか思わないかに影響を受ける  東京大学 | 日本の研究.com

匂いによるストレスは、その匂いを不快と思うか思わないかに影響を受ける  東京大学 | 日本の研究.com


嗅覚は人間に備わる大事な感覚のひとつです。
最近では悪臭だけでなく、柔軟剤などの香りが
人によっては不快な気分をもたらすこともあり、
香害という言葉やスメルハラスメントという
言葉も生まれています。

スメルハラスメント|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/スメルハラスメント

臭いについての感覚は人によって異なるので
ある人にはよい香りでも、ある人にとっては
悪臭になることもあります。

東京大学の研究グループは、
実験参加者に悪臭を嗅がせ、
どのようなストレス応答が引き起こされるかを調査し、
視床下部-下垂体-副腎軸と交感神経系の活動を、
それぞれのバイオマーカーである
唾液中のコルチゾールとα-アミラーゼを
測定したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】匂いによるストレスは、その匂いを不快と思うか思わないかに影響を受ける ―ヒトにおける悪臭とストレス応答の関係の一端を解明― | 日本の研究.com

 


error: