Home > NEWS > 3万年前の航海徹底再現プロジェクトとは|国立科学博物館

3万年前の航海徹底再現プロジェクトとは|国立科学博物館


最初の日本列島人は、3万年以上前に、
海を越えてやって来たとされています。

海に囲まれた日本ゆえに、当然海をわたって
日本にやってくるのですが、どのようにして
海を越えてきたのでしょうか。

総勢60名の研究者・探検家・運営スタッフが参加する
国立科学博物館の一大プロジェクト、
その名も「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」は、
どのようなプロジェクトなのでしょうか。

過去4年間の実験や検証の様子など
プロジェクト概要はリンクでご確認ください。


情報源: 3万年前の航海徹底再現プロジェクトとは

 

なお、このプロジェクトの最終段階となる実験、
「本番の実験航海」が先日行われました。

3万年前の挑戦を理解するためのルールとして、
・地図、コンパス、スマホ、時計などは持たない。
・伴走船は方角を指示しない。
・食料や飲料水は必要量を積んでいく。
・漕ぎ手(男女を含む5名)は途中交替しない。
という厳しい条件でスタートした航海とは?
航海の様子は以下のリンクでご確認ください。

ご声援ありがとうございました!丸木舟到着!|国立科学博物館
http://www.kahaku.go.jp/research/activities/special/koukai/

 


error: