Home > NEWS > 仏像の表情分析に AI を活用 奈良大学|News Center Japan|Microsoft

仏像の表情分析に AI を活用 奈良大学|News Center Japan|Microsoft


マイクロソフトの学習済み AI である
Cognitive Servicesを利用して、
奈良大学が全国の約 210 体の仏像について、
仏像の推定年齢や表情などを分析した
調査結果を公表しました。

仏像の感情測定には、Cognitive Servicesの
Face API を使って、
怒り、恐怖、喜び、中立、悲しみなど、
8 つの表情を数値化し、傾向を分析したそうです。

分析の結果、測定できた仏像の平均年齢は 
何歳だったでしょうか。
また、最高齢の表情をもつ仏像は
どこのものだったでしょうか。

自分の写真をアップロードすると、
近い表情の仏像が表示される特設サイトも
公開されていますので、そのリンクも含め、
詳しくはリンク記事でご確認ください。


~奈良大学が、Cognitive Services を用いて全国約 210 体の仏像について表情や年齢などを分析~ マイクロソフトの学習済み AI である Cognitive Services は、広告やエンターテイメント、チャットボットなど、幅広い分野で活用されています。今回、奈良大学は、全国の約 210 体の仏像について、Cognitive Services を活用して、仏像の推定年齢や表情などを分析した調査結果を公表しました

情報源: 仏像の表情分析に AI を活用 – News Center Japan


error: