Home > NEWS > 運動不足、喫煙・糖尿・心疾患よりも高リスク 米研究|CNN.jp

運動不足、喫煙・糖尿・心疾患よりも高リスク 米研究|CNN.jp


健康に影響を及ぼすリスクとして、
喫煙習慣や肥満などが挙げられると思いますが、
運動不足はどのくらい健康に影響を及ぼすのでしょうか。

米クリーブランドクリニックの研究チームが、
1991年1月~2014年12月にかけ、
患者12万2007人にランニングマシンで
運動してもらう実験を行なったそうです。

この運動の実績をもとに、運動量の多い人から
少ない人までを分類し、さまざまな疾患による死亡と
運動との関係を調査。

運動量の少ない人と様々な条件の人との
死亡リスクの違いを比較していますが、
例えば、腎不全で透析を受けている人で比較したとき、
運動量の違いは死亡リスクに
どのように影響しているでしょうか。
喫煙のリスクとの関係は?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


いつも座ってばかりいる生活は、喫煙よりも、糖尿病や心臓病よりも健康に悪い――。米クリーブランドクリニックの研究チームがそんな研究結果を発表した。

情報源: 運動不足、喫煙・糖尿・心疾患よりも高リスク 米研究


error: