Home > NEWS > “口にくわえるだけ” で通常の歯磨きと同じ効果 手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの開発に成功|早稲田大学

“口にくわえるだけ” で通常の歯磨きと同じ効果 手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの開発に成功|早稲田大学


口腔及び歯の健康は、全身の健康に直結しています。
被災地などでも口腔衛生指導を積極的に行うなど
その重要性は年々高まっています。

アンドラでも「歯周病」の研究についても
複数取り上げています。
http://andla.jp/wp/?s=歯周病

こうして、日々の歯磨きは極めて重要ですが、
高齢者や上肢に障害のある方など、
自分の力で歯磨きを行うことが難しい人も
少なからず存在しています。

早稲田大学と株式会社Genicsの共同研究グループは、
手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの
開発に成功したそうです。

どのような仕組みで歯垢を除去するのでしょうか?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: “口にくわえるだけ” で通常の歯磨きと同じ効果 手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの開発に成功


error: