Home > NEWS > 「満月の夜に人は犯罪に走りやすくなる」という俗説は本当なのか?|GIGAZINE

「満月の夜に人は犯罪に走りやすくなる」という俗説は本当なのか?|GIGAZINE


昔見た映画やアニメなどで、満月の夜に
オオカミ男に変身する様子などを見ていることもあり、
「満月になると犯罪の発生率が高くなる」という
俗説を唱える人もいます。
果たして月の満ち欠けと犯罪発生数は
本当に関連しているのでしょうか?

ニューヨーク大学マロン都市管理研究所の
研究チームは、カリフォルニア州バレホ市で
2014年1月から2018年5月までに起こった
犯罪データを警察から取り寄せ、
月の満ち欠けと照合。

また、カナダのオンタリオ州バリー市や
メキシコのグアナファト州イラプアト市の警察と連携し、
同様に月の満ち欠けと犯罪発生率の間に
関係があるかどうかを調査。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


月の重力は地球に影響を及ぼし、潮の満ち引きを起こすことはよく知られています。さらに「月は人間の精神にも大きな影響を与える」という主張もあり、「満月になると犯罪の発生率が高くなる」という俗説を唱える人もいます。果たして月の満ち欠けと犯罪発生数は本当に関連しているのか、ニューヨーク大学マロン都市管理研究所の研究チームが調査の結果を発表しています。

情報源: 「満月の夜に人は犯罪に走りやすくなる」という俗説は本当なのか?


error: