Microsoft 365版【Word】数式機能


これまで公開していた
Microsoft Office 2010版「ITスキル」シリーズを
Offce365(投稿時点ではOffice2016と同様の機能)に
バージョンアップしてお届けします。

Office365版のWord編、
第22回目は『数式機能』です。
なお、Word2010版をご覧になりたい方は、
こちらをご覧ください。

目次:ITスキル【Word編】(Office2010版)
https://andla.jp/wp/?page_id=1337

 

 

※2020年4月22日(日本時間)より
「Office 365」 は 「Microsoft 365」になりました。
この記事は投稿時点で「Office 365」 と呼ばれていたので
記事内はその名称のままになっておりますので置き換えてご覧ください。
基本的に大きな変更点はなく、さらに新しい機能が追加されました。
詳しくは公式ページでご確認ください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/

 

すずき
ほ~た~るのひ~かぁ~りぃ♪
こやま
突然どうしちゃったんでしょう。
なぜ蛍の光を歌っているのか!
すずき
いや~、Word編もとりあえず今回が最終回って聞いたから、
口をついて出ちゃった。今回は最後のテーマ、「数式」だね。
論文によっては、数式の入力が必要な場合もあるよ。
説明に分数表現が必要な時とか、検定の根拠を書く時とか。
こやま
数式が入れられるツールで何ができるのか、
今回はそれを丁寧に(ちょっと裏技付きで)説明します。
では、始めましょう。

 

今回は数式機能をとりあげます。
Word 文書に、[数式]ツールバーを使用して
数式を挿入する方法について説明します。

 

 

 

 

二次元形式と行形式

 

Wordで数式を挿入する動作を行うにあたって、
知っておきたいことがあります。

Word2007以降、数式は [2次元形式] と [行形式] という
2つの方式で表すことができるようになりました。

私たちが通常、数学などでよく見るのが [2次元形式] の表示です。
[行形式] は簡単に説明すると、UnicodeやASCII文字を使って
数式が1行に収まるように入力、表示できる形式です。

簡単な数式を入力する場合は、[行形式] で数式を直接入力し、
[2次元形式]に変換するのが早いでしょう。

まずは、Wordに用意されている組み込み数式を
使用する方法から説明します。

 

▲目次に戻る

 

組み込みの数式を挿入する

 

一般によく使われている数式のいくつかは、
Wordにあらかじめ用意されています。

組み込み数式は以下の通りです。

Wordにあらかじめ用意されている数式

では、実際に円の面積を挿入してみます。

(1)まず、数式を入れたい場所にカーソルを移動。
[挿入] タブ [記号と特殊文字] にある
[数式] の下向き矢印をクリックします。

数式の下向き矢印をクリック

(2)リストされた組み込み数式の中から、[円の面積]をクリック。

円の面積をクリック

(3) 数式「円の面積」が挿入されました。

数式「円の面積」が挿入された

(4) 同時に、[数式ツール デザイン] タブが表示され、
挿入された組み込み数式に、
他の数式や記号を追加できるようになります。

数式ツールデザインタブ

こちらを使う方法については、後程詳しく説明します。
「数式ツール デザイン」を使う

 

▲目次に戻る

 

数式を手で直接入力する

 

数式が短い場合はこの方法が手っ取り早いと言えます。
また、新しい数式を入力する場合もこの方法をとります。

(1)キーボードの[shift][Alt][=]キーを同時に押すと、
文書内のカーソルを置いていたところに、
数式入力用のプレースホルダーが挿入され、
その位置に数式を入力できます。

数式入力用のプレースホルダー

もしくは、[挿入]タブ の[数式]の組み込み数式リストの
一番下にある「新しい数式の挿入」をクリックしてください。
数式入力用プレースホルダーが表示されます。

(2)数式を直接プレースホルダーに入力します。
数式は、行方式で入力し、Enterボタンを押すことによって
2次元形式に変換されます。

では、分数などの数式を行方式で入力していきます。

・分数の入力

1/2 と入力し、Enterボタンを押してください。

分数の入力

編集したいときは、数式をクリックします。
2次元形式のまま、編集ができるようになります。

編集は数式をクリック

編集が終わったら、Enterボタンを押してください。

 

・べき乗の入力

a^2 と入力し、Enterボタンを押してください。

べき乗を入力

編集は、分数と同じ、数式をクリックすると
編集画面に変わり、2次元形式のまま、
編集ができるようになります。

べき乗を編集

上記の他、平方根は ”「\sqrt」と入力後、
スペースキー” で表示されるなど、
よく使う数式で、知っていると時短につながる
行形式の数列はまだまだあります。

行形式の数式入力のリストや
詳しい行形式の数式入力の説明は、
Microsoftサポートページがありますので、
そちらをご参照ください。

Word で UnicodeMath および LaTeX を使用して行形式の数式を入力する|Microsoftサポート

 

▲目次に戻る

 

「数式ツール デザイン」を使う

 

数式や記号、文字をメニューから選択して挿入する方法です。
組み込み数式にはない、オリジナルの数式を
メニューから選択するだけで作成できます。

 まず、[挿入] タブ [数式] の π(パイ) の文字部分をクリック。
カーソルがある場所にプレースホルダーが挿入されます。

表示された「数式ツール デザインタブ」の
「構造」と「記号と特殊文字」から、
任意のものを選んで数式を作っていきます。

数式ツールデザインタブ

では、実際にこの方法で、「解の公式」を作成してみます。

二次方程式の解の公式

(1)プレースホルダーに、まず” X= ”と入力。

x=と入力

(2)分数形式にしたいので、
数式ツール デザインタブの [分数]をクリックし、
適した分数の形を選択します。

数式ツールデザインタブの分数をクリック

 

(3)分母の□マークをクリックし、” 2a”と入力。
つぎに、分子の□マークをクリックし、” -b”と入力。
「記号と特殊文字」から”±”をクリックしてください。

記号と特殊文字から±を選択

 

文中のプレースホルダーはこのようになっています。

入力後のプレースホルダーの状態

(4) 平方根の記号を入力するために、
[構造] の [べき乗根] をクリックして、
[平方根] をクリックします。

構造の平方根をクリック

 

(5)平方根の中の□マークをクリック。
二乗を入力するため、 「構造」の
[上付き/下付き文字] をクリックし、
[上付き文字] をクリックします。

上付き文字をクリック

文中のプレースホルダーはこのようになっています。

文中のプレースホルダーの状態

 

(6)平方根の中の上付き指数に”2”、
下の主数字に”b”を入力。

その後、平方根の中の続きを入力するのですが、
まず、平方根の中にある上付き文字全体を選択してから、
続きの入力となります。

下のように、平方根の中全体が選択された
(文字に色が塗られた)状態にしてから
“-4ac”を入力します。

編集する部分を選択した状態

 

ここの選択をし忘れると、指数の部分に入力されたり、
平方根から外れたりしてしまうことがありますので、
注意してください!

(7)解の公式の完成です。

解の公式が完成

 

▲目次に戻る

 

数式に関するTips

 

最後に、数式に関するTipsをいくつか紹介します。

 

■数式の斜体化

大学などで数式を斜体にするかしないかは
様々な定義があると思います。
Wordでは数式は自動で斜体にはなりません。
数式を斜体にする場合は、
文字列を斜体にするのと同じで、
数式を選択し、[ホーム] タブの [フォント] エリアにある
[斜体] をクリックしてください。

 

■等号でつなぐ数式

式の展開などで等式を複数行にわたって記述するときは、
次の行に映る場合、[Shiftキー]+ [Enterキー]
改行すると次の数式も同じ仲間だとみなされます。

ShiftキーとEnterキーで改行すると一つの数式として認識

 

■数式の等号揃え

複数行にわたった数式は最初の数列の等号に揃えます。
最初の数列の等号を選択して、マウス右クリック。
表示されたメニューから [この文字に揃える] を
クリックしてください。

数式の等号を揃える

そろわなかった行があれば、その行で等号を選択し、
この作業を繰り返してください。

数式が等号で揃います。

数式で等号が揃った状態

 

■文中数式と独立数式

行の中に単独で数式がある場合は
「独立数式」という状態になっています。

一方、数式と同じ行に文字列を混在させると、
「文中数式」に自動で切り替わり、
全体的に小さく表示されます。

数式によっては少々指数などが見づらくなることもあります。

次の図は解の公式をそれぞれの状態で並べたものです。
数字の大きさの違いなどがよくわかります。

文中数式と独立数式の例

 

文中数列から独立数列へ、切り替えることも可能です。

数式の右側の下向き▼印をクリックし、
表示されるメニューから [独立数式に変更] をクリックします。

すると、数式の行が変わり、単独で数式が表示されます。

文中数式を独立数式に変更している様子

 

それでは、文字列と同じ行で、独立数式と同じような
大きな数字の数式を存在させることはできるのでしょうか。

やや裏技っぽいやり方ですが、
数列のプレースホルダー内に、
日本語の文字列も入力してしまうと
縮小されない数列と文字列を混在させることができます!

数式プレース内に日本語を入力

 

▲目次に戻る

 

 

こやま
いかがでしたか?次回からはExcel編となります。お楽しみに!