学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

破壊されても自らを修復しながら泳ぎ続けるサカナ型ロボットが開発される|GIGAZINE


私たちの暮らしを支えるために
さまざまな働きをするロボットが開発され、
日常の様々な場面でそのロボットが
活躍する様子を目にすることも
増えてきています。

アンドラでもロボットに関する研究を
多くご紹介していますが、どれも大変
興味深い研究です。
https://andla.jp/wp/?s=ロボット

今回ご紹介するのは、なんと自己修復が
可能なロボットです。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の
研究チームは、切断されても自己修復し、
水面を泳ぎ続けるサカナ型ロボットを開発。
その開発の目的とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

損傷した金属を動物の骨のように修復する技術や、自己修復ポリマーを用いたロボットハンドなど、ロボットの自己修復に役立つ技術が多く開発されています。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは新たに、切断されても自己修復し、水面を泳ぎ続けるサカナ型ロボットを開発しました。

情報源: 破壊されても自らを修復しながら泳ぎ続けるサカナ型ロボットが開発される