Home > NEWS > 紙の本が電子書籍よりも優れていることを示す数々の研究報告|GIGAZINE

紙の本が電子書籍よりも優れていることを示す数々の研究報告|GIGAZINE


皆さんは電子書籍を読むことはありますか?

電子書籍を読むデバイスが徐々に普及していることは、
最近、電車の車内などで電子書籍デバイスで
読書をしている人を見かけることが
多くなってきたことからもわかります。

今回ご紹介する記事は、
電子書籍と紙の本の利便性を比較した研究について、
Scientific Americanがまとめて考察しているものです。

「テキストをナビゲートする」方法の欠如につい
紙のテキストと液晶ディスプレイで比較した実験や、
「知る」と「覚える」の違いを文章を
何で読むかにより実験した結果などから、
考察を行なっています。

なぜ、紙で読む方がメリットがあると感じるのか、
デバイスで今以上の読書体験をするためには
どんな開発が必要になると考えられるのか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


スマートフォンやタブレット、あるいは専用リーダーの普及によって、電子書籍に触れる機会はかなり多くなっています。そんな中でも大学生の92%が紙の本を好むという調査結果や、16歳から24歳の若い世代でも3人に2人が紙の本を好むというレポートがある通り、紙の本は根強い人気を誇っています。そんな電子書籍と紙の本の利便性を比較した研究について、Scientific Americanがまとめています。

情報源: 紙の本が電子書籍よりも優れていることを示す数々の研究報告


error: