Home > NEWS > 三重県から発見された日本初のアジ科魚類|三重大Rナビ |三重大学

三重県から発見された日本初のアジ科魚類|三重大Rナビ |三重大学


アジは昔から食卓に上がることが多い魚でもあり、
認知度が高い魚かもしれません。

WEB魚図鑑を見ると、アジ科の魚には
たくさんの種類があることがわかって驚きます。
アジにも様々な種類があり、
マアジ属、ムロアジ属、シマアジ属などの
たくさんの種類があることは知られています。

アジ科|WEB魚図鑑
https://zukan.com/fish/internal4930

三重大学の生物資源学研究科附属
紀伊・黒潮生命地域フィールドサイエンスセンター
附帯施設水産実験所長の木村清志教授が、
日本で初めて発見されたアジの種類を同定。
標準和名を命名したという記事をご紹介します。

木村清志教授は、現在の研究テーマを
インド-太平洋熱帯域に棲息する魚類の分類・系統学
としていて、魚類分類の専門家です。

三重大学のプレスリリースに掲載された
リンクページを開くと、
アジの写真入りのスライドで詳しい解説を
読むことができます。


インド-太平洋熱帯域に棲息する魚類の分類・系統学

情報源: 三重大Rナビ -三重大学の研究最前線- | 三重県から発見された日本初のアジ科魚類


error: