Home > NEWS > 睡眠が阻害されるとDNAのダメージが修復されずに死の危険さえあるとする研究結果|GIGAZINE

睡眠が阻害されるとDNAのダメージが修復されずに死の危険さえあるとする研究結果|GIGAZINE


睡眠は記憶を整理したり、体力を回復するために
とても重要だと言われていますが、
DNAレベルの修復にも関連があるかもしれない
という研究結果がありますのでご紹介します。

イスラエルのバル=イラン大学の研究チームは、
遺伝子操作を行い、ニューロン中の染色体の
動きを観察できるようにしたゼブラフィッシュを使い、
ゼブラフィッシュの覚醒中や睡眠中の
ニューロンの中を染色体の動きや、
DNAがどのくらいの頻度で壊れるのかを
観察したそうです。

起きて活動している間と、
睡眠をとったときのそれぞれに
どのような変化があったでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


眠りには健康上の多くのメリットが存在するといわれていますが、「生き物はなぜ眠るのか?」という謎は、いまだ解明されていない状態です。そんな中、新たな研究で、魚の脳細胞では日中にダメージを受けたDNAが蓄積され、その修復作業は睡眠中にしか行われないことが示されました。研究者は、生き物が眠りを必要とする理由の1つは、この「ダメージの修復」にあるのではないかとみています。

情報源: 睡眠が阻害されるとDNAのダメージが修復されずに死の危険さえあるとする研究結果


error: