Home > NEWS > 100年以上も謎だった「とろりとしたチョコレートの舌触り」の裏にある科学を物理学者が究明|GIGAZINE

100年以上も謎だった「とろりとしたチョコレートの舌触り」の裏にある科学を物理学者が究明|GIGAZINE


最近、健康によい影響を与える効果がある
種類が登場するなど、チョコレート人気が
高まっています。

このチョコレートが口の中でとろりと
滑らかに溶ける独特の舌触りは、
製造過程で行う「コンチング」という
練り上げの作業が重要なのだそうです。

では、なぜコンチングを行うことによって
チョコレート特有の舌触りが生まれるのでしょうか。

エジンバラ大学の研究者は液体チョコレートに
似せた混合物をコンチェで攪拌。
撹拌後の混合物の密度や、それぞれの段階で
混合物がどのように流れるのかを分析したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


チョコレートが口の中でとろりと滑らかに溶けるには「コンチング」という練り上げの作業が重要になりますが、なぜコンチングによってチョコレート特有の舌触りが生まれるのかという科学的な理解は、これまでほとんど進んでいませんでした。そこで、物理学者たちが「チョコレートの舌触りの秘密」を究明し、人々を夢中にさせるチョコレートの裏にある科学を明らかにしました。

情報源: 100年以上も謎だった「とろりとしたチョコレートの舌触り」の裏にある科学を物理学者が究明

 


error: