Home > NEWS > “震える椅子”で会議が活発に 東京都市大学が実験|ITmedia NEWS

“震える椅子”で会議が活発に 東京都市大学が実験|ITmedia NEWS


会議などで活発な意見交換が行われるように
ファシリテーターを育成したり、
ブレーンストーミングを取り入れたり、
時にはゲームを取り入れたりと
さまざまな工夫の方法があります。

今回ご紹介する研究は、そうした手法ではなく、
なんと視覚と触覚に着目したという
新たな方法を提案するものです。

東京都市大学の研究チームは、
会議を妨げずに参加者へ影響を与えられる方法として、
会議中に部屋の照明を点滅させたり、
椅子を振動させたりして、
参加者の発言や行動の変化を調査したそうです。

その結果、わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


会議に参加している人の椅子を振動させると、意見交換が活発になる──東京都市大学が5月17日、そんな研究結果を発表した。
情報源: ITmedia NEWS

 


error: