Home > NEWS > パイロットが操縦桿に触れることなく完全自動で飛行機を着陸させることが可能なシステム「C2Land」|GIGAZINE

パイロットが操縦桿に触れることなく完全自動で飛行機を着陸させることが可能なシステム「C2Land」|GIGAZINE


航空機は以前に比べると自動化されている部分も
多くなり、自動操縦システムが搭載されていることが
当たり前になってきています。

しかし、着陸に関しては、
航空機を安全に滑走路上まで誘導するために、
主要な空港に存在する地上施設から
電波を発射する「電波を用いた着陸誘導装置」が
用いられていますが、実際には完全自動化は
されていないそうです。

ミュンヘン工科大学の研究者は、
こうした地上施設に頼ることなく、
飛行機が単独で自動着陸を行えるような
システムの開発を開発して実証実験を行なったそう。

その方法とは?
実証実験の動画も含め、詳しくはリンク記事で
ご確認ください。


ドイツの研究者チームが、小型の飛行機向けのパイロットなしでも自動で着陸可能となる「自動着陸システム」を開発することに成功しました。「C2Land」と呼ばれるこのシステムは、既存の自動着陸システムで用いられるような「電波を用いた着陸誘導装置」を必要としないため、「自動飛行の新しい時代を切り開くことができるかもしれない」と海外メディアのTechCrunchは記しています。

情報源: パイロットが操縦桿に触れることなく完全自動で飛行機を着陸させることが可能なシステム「C2Land」

 


error: