Home > NEWS > ATMなどのタッチパネルの身体負担と見やすさ両方について最適解を特定 | 日本の研究.com

ATMなどのタッチパネルの身体負担と見やすさ両方について最適解を特定 | 日本の研究.com


銀行のATMなどで利用されている
タッチパネルがついたディスペンサーを
利用する機会は誰しもあると思います。

設置される高さによっては、身長の高低により、
使いにくさが生じることもあります。
タッチパネルの大きさや角度などが
工夫されているので、年々使いやすくなってる
という印象がありますが、
誰もが使いやすくなるために
どのような工夫が必要なのでしょうか。

金沢大学、首都大学東京らの共同研究グループは、
実験参加者によるタッチパネルの見やすさと、
身体的負担としてさまざまな関節の
角度測定により得られる力学的負荷の
二つの指標を要素とした検証を行いました。

その結果から得られたタッチパネルの最適解とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】ATMなどのタッチパネルの身体負担と見やすさ両方について最適解を特定 | 日本の研究.com

 


error: