Home > NEWS > 地質サンプルが語る 小惑星衝突、恐竜最後の日 | NATIONAL GEOGRAPHIC

地質サンプルが語る 小惑星衝突、恐竜最後の日 | NATIONAL GEOGRAPHIC


夏休み時期に開催される恐竜に関する展示会は、
毎年大盛況です。
かつて地球上で長きにわたり隆盛を極めていた
恐竜たちは、小惑星の衝突であっという間に
絶滅してしまったと考えられています。

今から6600万年前、メキシコのユカタン半島沖に
「チクシュルーブ衝突」と呼ばれる出来事がありました。
巨大な小惑星が衝突し、動植物種の75パーセントを
絶滅に追いやった最も有力な原因とされています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/チクシュルーブ衝突体

米テキサス大学オースティン校などの研究グループが
このときの様子を海底からコアサンプルを採取して
地質から検証した研究をご紹介します。
岩石のデータとコンピューターモデルを組み合わせて、
分析が行われた結果、小惑星衝突のときに
いったい何が起こったのでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 地質サンプルが語る 小惑星衝突、恐竜最後の日 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

 


error: