Home > NEWS > ヒトは無意識に顔らしさを見つけてしまう -顔らしさ判断を反映する脳活動 脳波と顔らしさ評定値の相関- | 日本の研究.com

ヒトは無意識に顔らしさを見つけてしまう -顔らしさ判断を反映する脳活動 脳波と顔らしさ評定値の相関- | 日本の研究.com


配置が目と口のようなものを顔のように感じてしまう。
そんなことはよくあります。
あるときは建物の窓と枠の関係が顔に見えたり、
ポストが顔に見えたり。

ヒトの顔ではないのに、なぜヒトの顔に見える現象は、
パレイドリア現象と呼ばれ、
「無意味な模様、風景、物体などが、
別の意味のある何かにみえる」ということだそう。

この現象は、比較低次な視覚処理で生じているそうですが、
では、実際にどの視覚処理の段階で生じているのでしょうか?
豊橋技術科学大学が、その謎に取り組んだ研究をご紹介します。

顔らしい物体を見たときの行動と脳活動の関連を調査。
どの段階で起こっている現象でしょうか?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


情報源: 【プレスリリース】ヒトは無意識に顔らしさを見つけてしまう -顔らしさ判断を反映する脳活動 脳波と顔らしさ評定値の相関- | 日本の研究.com

 

 


error: