Home > NEWS > 目撃情報の聞き取り調査はVR環境でアバターを相手にした方がより正確に行えることが判明|GIGAZINE

目撃情報の聞き取り調査はVR環境でアバターを相手にした方がより正確に行えることが判明|GIGAZINE


事件の捜査で重要な手がかりとなるのは、
目撃情報ですが、人の記憶に頼ることから、
それをうまく引き出す方法が求められます。

目撃情報をうまく引き出すための方法として、
人が聞き取りの相手になるのではなく、
VRを使用してアバター相手にするとどうなるのか。

ロンドンのウエストミンスター大学心理学部の
専任講師ドナ・アン・テイラー氏と、
同学部のコーラル・J・ダンドー教授による研究チームにより、
実際の人とVR環境でアバター相手での実験が行われました。

実験に参加した被験者は、
SNSと口コミで選ばれた18歳から38歳までの38人。
内訳は男性が12人と女性が26人。
ランダムで選ばれた人20人が実際の人と対面し、
残る18人がVR環境でのアバターと対面して
実験が行われました。

さて、その結果とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

このアバターに話しかけるの?というような
あまり作り込んでいないリアルとはかけ離れている表情ですが、
むしろ、このデザインだからよいのかも。


By Marco Verch
人間が過去に目撃した状況について証言を行う時、人を相手にするよりもコンピューターが作り出した「アバター」を相手にしたVR(仮想現実)環境で事件を振り返る方がより詳細か

情報源: 目撃情報の聞き取り調査はVR環境でアバターを相手にした方がより正確に行えることが判明