Home > NEWS > コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される|GIGAZINE

コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される|GIGAZINE


薬を体内にどのように届け、
どのように効果を発揮させるか。
そういった研究が多く行われていますが、
トリガーを用いる方法で行われている
研究をご紹介します。

チューリッヒ工科大学の研究チームは、
動物の体内に特定の物質が投与されることをきっかけに
合成遺伝子のシステムが発現し、
体に作用する仕組みについて研究しているそう。

これは、体内である特定の物質と出会うことで、
動物の体内で特定の働きを行わせることができる
というシステムのことです。
この体内で出会うと反応させるトリガーに
「カフェイン」を用いた実験が行われました。

研究チームは不死化した幹細胞に、
遺伝子改変した、STAT3と呼ばれる
シグナル伝達兼転写活性化因子3を組み込んだ
抗体を埋め込んで検証する実験を行いました。

その方法とは、カフェインに出会うと
発光するかどうか確かめる実験です。
また、続いて行われた実験では、
糖尿病にかかったマウスに、
浸透性のカプセルに入れたインスリンの分泌を
促す成分をいれたものを埋め込んで、
カフェインを与える実験が行われたそうです。
その結果とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


by Zach Inglis
コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには「目を覚ます効果がある」とされている一方、過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼすとも言われています。そんなカフェインを特殊

情報源: コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される