Home > NEWS > 肌に貼るだけで「中心血圧」が測れるシート–心筋梗塞や脳梗塞の早期発見に|CNET Japan

肌に貼るだけで「中心血圧」が測れるシート–心筋梗塞や脳梗塞の早期発見に|CNET Japan


血圧計がご自宅にあるという方も増えています。
毎日同じ時間に計測する血圧で、健康管理を行なっている
という人も多いかもしれません。

その血圧計の多くは、上腕部や手首などに
腕帯(カフ)を巻いて測るもので、
これは末梢血圧(上腕血圧)を計測しています。

体内の主な臓器へ血液を送る心臓付近の
大動脈にかかる血圧は「中心血圧」と呼ばれています。
この中心血圧を計測するためには、
心臓カテーテルを腕や首などから心臓付近まで通す方法で
行われるため、体に大きな負荷があるだけでなく、
カテーテルを通すということになれば、
誰でもがいつでも簡単に計測というわけにはいきません。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、
心臓血管にかかわる疾病の早期発見を支援するため、
この中心血圧の新たな計測技術を開発したそうです。

その計測方法とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。
将来はカフを巻いて計測するのではなく、
この方法で管理できるようになるかもしれませんし、
現在あるアクティブトラッカーなどの形態が
変わるかもしれませんね。


カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究チームは、心臓血管にかかわる疾病の早期発見を支援するため、中心血圧と呼ばれるデータの新たな計測技術を開発した。

情報源: 肌に貼るだけで「中心血圧」が測れるシート–心筋梗塞や脳梗塞の早期発見に


error: