Home > NEWS > 睡眠時間のバラツキが血糖値に悪影響をおよぼし深刻な健康問題を引き起こす可能性|GIGAZINE

睡眠時間のバラツキが血糖値に悪影響をおよぼし深刻な健康問題を引き起こす可能性|GIGAZINE


最近次々に様々な病気との関係が研究から
明らかとなってきている「睡眠」の問題。
アンドラでも、睡眠と様々な病気との関係を
取り上げた研究をご紹介しています。
今回は、睡眠と血糖値との関係についてを
テーマにした記事をご紹介します。

コロラド大学ボルダー校統合生理学部の
クリストファー・デプナー助教授らの
研究チームが行なったのは、
9日間におよぶ居眠りイベントによる実験。

・一晩中眠ることが許されているグループ
・毎晩5時間しか睡眠が許されないグループ
・平日は5時間、休日は無制限というグループ
に分けて睡眠をとる実験を行なったそう。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


忙しい平日に十分な睡眠時間を確保できず、週末にまとめて「寝だめ」するという人も少なくないかと思いますが、そのような睡眠時間のバラツキが体内時計をリセットできなくして、血糖値に悪影響をおよぼし深刻な健康問題につながる可能性が最新の研究により示唆されています。

情報源: 睡眠時間のバラツキが血糖値に悪影響をおよぼし深刻な健康問題を引き起こす可能性

 


error: