Home > NEWS > 高速道路や主要道路の近隣住民は神経障害の発症リスクが高まる可能性|GIGAZINE

高速道路や主要道路の近隣住民は神経障害の発症リスクが高まる可能性|GIGAZINE


高速道路や主要道路の近隣で暮らす住民は、
大気汚染による公害のほかにも
影響を受けているかもしれません。

ブリティッシュコロンビア大学など研究チームは、
メトロバンクーバー在住の45~84歳の
成人・67万8000人分のデータを分析。

調査期間は1994~1998年の5年間と、
1999~2003年までの5年間で、
被験者にはインタビューも実施しています。

「主要道路から50メートル以内」あるいは
「高速道路から150メートル以内」で暮らす人々は、
どのような影響を受けているのでしょうか?
また、逆に公園や森林などの、緑の近くに
住んでいる人は?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


高速道路や主要道路の近隣で暮らす住民は、二酸化窒素や粒子状物質などによる大気汚染に晒されることで、多発性硬化症やアルツハイマー病の発症リスクが高まる可能性がある、という論文が環境医学関連の論文を取り扱う科学誌のEnvironmental Healthで発表されました。

情報源: 高速道路や主要道路の近隣住民は神経障害の発症リスクが高まる可能性


error: