Home > NEWS > 被災地住民の健康状態は悪化し続けている -心のケアの必要性に注目- | 日本の研究.com

被災地住民の健康状態は悪化し続けている -心のケアの必要性に注目- | 日本の研究.com


2020年3月11日で東日本大震災発生から
9年が経過しました。震災直後から
復旧や復興が急ピッチで行われましたが、
9年という時間の流れの中で、被災地内において、
復旧・復興の格差が発生したり、
地域コミュニティの形成がうまくできないなど
時間の経過で発生した新たな問題に
直面していると言わざるを得ない状況が続いています。

東北大学高齢経済社会研究センターは、
東日本大震災以降の被災地住民の生活環境と
復興状況を踏まえて、地域住民の健康状態に
影響を及ぼす要因について、令和2年2月に
学術的調査を実施。

2014 年に実施したオリジナル調査
(全国 47 都道府県在住の 3,119人
(オンラインモニタ)を男女均等で抽出)の
対象者を追跡し、この 6 年間における
被災地住民の健康状態の変化等を
調査したそうです。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】被災地住民の健康状態は悪化し続けている -心のケアの必要性に注目- | 日本の研究.com

 


error: