Home > NEWS > 英語の「t」の発音が若者の間で変化しているという報告、いったいどのように変わっているのか?|GIGAZINE

英語の「t」の発音が若者の間で変化しているという報告、いったいどのように変わっているのか?|GIGAZINE


日本語でもしばしば言葉の変化について
取り上げられることがあります。
例えば、「ら抜き言葉」などについては、
その代表的なものかもしれません。

(1)語彙・語法等の問題|4 その他|I 言葉遣いに関すること|新しい時代に応じた国語施策について(審議経過報告)|文化庁https://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kakuki/20/tosin03/09.html

同様のことは、当然英語でも起こります。
今回ご紹介する記事は、ネバダ大学リノ校の元講師で
英語文法の専門家が、アメリカ英語の発音の
変化について言及したものです。

取り上げているのは、英語の「t」の発音。

具体的にどのような変化が見られるのでしょうか?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


中学や高校の英語の授業で、日本とはまったく違う英語の発音にうまくなじめなかった人もいるはず。そんな英語の発音について、「ここ15年で、アメリカ英語の発音が変化しつつある」と、ネバダ大学リノ校の元講師で英語文法の専門家として知られるGrammer Girlことミニョン・フォガティ氏が解説しています。

情報源: 英語の「t」の発音が若者の間で変化しているという報告、いったいどのように変わっているのか?


error: