Home > NEWS > 非常時にトイレットペーパーを買いだめしやすい人の「性格」が明らかに|GIGAZINE

非常時にトイレットペーパーを買いだめしやすい人の「性格」が明らかに|GIGAZINE


新型コロナウィルスの流行が始まった当初、
各国でトイレットペーパーの買い占めが発生したことは
記憶に新しいと思います。
日本でも同様に発生し、製紙会社が生産は
継続していて供給は止まらないと発表したにもかかわらず、
しばらくは商品が枯渇した状態でした。

ドイツの研究チームはソーシャルメディアを通じて、
世界22カ国の成人996人を対象として、
アンケート調査を実施。

調査の内容は人の性格に関する項目として、
「情緒」「誠実性」「正直さ・謙虚さ」「外向性」
「協調性」「経験への開放性」という
6つのカテゴリについての質問と、
同時に、被験者の属性や、隔離中の行動、
COVID-19をどれほど脅威と受け取ったかといった情報や、
調査時におけるトイレットペーパーのストック量と
通常時の量といった情報も収集されたそうです。

よりトイレットペーパーをストックしやすいのは、
どのような人なのでしょうか?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、世界各地でトイレットペーパーの買い占めが起こりました。このような買いだめ行動に消費者が走る理由について、専門家はこれまで「非常時に自分のコントロールを取り戻すため」「ストレス反応」を理由に挙げてきました。そして新たに行われた調査によると、買いだめをしやすい人の性格にはある傾向が存在することが明らかになっています。

情報源: 非常時にトイレットペーパーを買いだめしやすい人の「性格」が明らかに

 


error: