Home > NEWS > 睡眠時間が少ないと風邪を引くリスクが高まる:研究結果|Wired.jp

睡眠時間が少ないと風邪を引くリスクが高まる:研究結果|Wired.jp


睡眠は健康や記憶、学習などに
影響を与えることが多いため、
アンドラでも、これまでに睡眠に関する研究を
数多く紹介しています。
https://andla.jp/wp/?s=睡眠

今回は、睡眠と風邪に関する研究をご紹介します。
カリフォルニア大学サンフランシスコ校の
研究チームは複合的な実験を行いました。
実験は1週間かけて実施され、
健康体の164人の被験者が参加。

まず、第1段階として、参加者の夜間の習慣を
活動量計をつかって監視、さらに夜に
何時間眠るかを検証しました。

次に第2段階として、被験者は5日間ホテルの中に
隔離され、点鼻薬を用いて風邪のウイルスに
感染させられ、それから5日間、研究者たちは
どの患者たちが病気になったかを監視。
結果を前段階で記録された彼らの平均睡眠時間と
比較したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


睡眠時間が少ないと病気になるリスク、特に風邪や鼻炎のような一般的な病気のリスクが高まることを、ある科学研究が証明している。

情報源: 睡眠時間が少ないと風邪を引くリスクが高まる:研究結果


error: