Home > NEWS > イヌの飼育で思春期児童のメンタルヘルスを改善 ~10代のこどものWellbeingが良くなることが明らかに~ | 日本の研究.com

イヌの飼育で思春期児童のメンタルヘルスを改善 ~10代のこどものWellbeingが良くなることが明らかに~ | 日本の研究.com


アンドラでは、これまでにも多くのイヌに関する
研究をご紹介しています。
イヌが人の感情に共感したり、特定の疾患において
その死亡率が低下するという結果が出たりといった
ヒトとイヌとの関係についての研究が行われています。
https://andla.jp/wp/?s=イヌ

麻布大学、東京都医学総合研究所、
東京大学医学部附属病院、
総合研究大学院大学による、
東京ティーンコホート研究において、
イヌの飼育の有無と、WHOの定める
Wellbeing の関係を調査。

調査は、東京ティーンコホート研究に参加する
2584 名の子どもを対象に、10歳児と12歳児における
WHO wellbeing を調査するとともに、
イヌを飼育している子どもと、そうでない子どもを
比較したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】イヌの飼育で思春期児童のメンタルヘルスを改善 ~10 代のこどもの Wellbeing が良くなることが明らかに~ | 日本の研究.com

 


error: