学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

「他者への信頼」に遺伝的個人差が影響 名古屋大学など共同研究 | 大学ジャーナルオンライン


オキシトシンは、下垂体後葉から分泌される
ホルモンであり、対人的なコミュニケーションを促す
効果があるとされています。

オキシトシン|Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/オキシトシン

名古屋大学とカナダ・アルバータ大学、愛知医科大学、
神戸大学、浜松医科大学などの共同研究グループは、
親の接し方や家庭内の秩序の程度といった
指標によって評価された家庭環境と、
オキシトシン受容体遺伝子多型の個人差と
信頼の関連を比較文化的に検討するため、
日本とカナダで学生を対象とした研究を実施。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 名古屋大学とカナダ・アルバータ大学、愛知医科大学、神戸大学、浜松医科大学などの共同研究により、幼少時の家庭環境と個人のオキシトシン受容体遺伝子多型が「信頼」に影響を与えることが新たにわかった。 「他者への信頼」に遺伝的個人差が影響 名古屋大学など共同研究

情報源: 「他者への信頼」に遺伝的個人差が影響 名古屋大学など共同研究 | 大学ジャーナルオンライン