学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

ノーベル化学賞を受賞した3人の研究者は、電子顕微鏡の革新で「未知なるミクロの世界」への扉を開いた|WIRED.jp


今年のノーベル化学賞は、
クライオ電子顕微鏡法を開発した、3人の研究者に決まりました。
生体分子の構造を超低温電子ビームによって鮮明に写し出すという
言葉だと難しくとも、映し出される映像はアートのよう。

詳しい原理の説明は、
以下の記事と合わせてご確認ください。

【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!|Chem-Station
https://www.chem-station.com/blog/2017/10/nobel2017cryo.html


2017年のノーベル化学賞を、「クライオ電子顕微鏡法」と呼ばれる技術を開発した3人の研究者が受賞した。この技術によって、電子顕微鏡で原子モデルを構築できるほど高い分解能で生体分子を捉えられるようになったのだ。「未知なるミクロの世界」への扉を

情報源: ノーベル化学賞を受賞した3人の研究者は、電子顕微鏡の革新で「未知なるミクロの世界」への扉を開いた|WIRED.jp