鳥類も人と同じ”思いやりの同情能力”を持って、エサを貧しい仲間に施すという研究結果 | ナゾロジー


オーストリアのウィーン大学とスウェーデンの
ルンド大学の研究グループは、
鳥の社会性を調べるため、オナガを用いた
実験を行ったそうです。

金網で仕切られた実験スペースの左半分に
1羽のオナガを、右半分に5羽のオナガを用意。
左のオナガには大好物のミールワームを
豊富に与え、5羽には何も与えない状況を
作ったそうです。

その結果、オナガはどのような行動をしたでしょうか?
また、性別による違いがあったでしょうか?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


情報源: 鳥類も人と同じ”思いやりの同情能力”を持って、エサを貧しい仲間に施すという研究結果 | ナゾロジー