脳は高カロリーな食べ物ほど置き場所を記憶しやすいという研究結果|GIGAZINE


オランダ・ヴァーヘニンゲン大学の研究チームは
512人を対象として食品に関する実験を行いました。

実験の内容は、高カロリー食品と低カロリー食品を
ランダムに配置した場所を、被験者が
1のキャラメル(Caramel)、
2のリンゴ(Apple)、
3のチョコレート(Chocolate)、
4のトマト(Tomato)……
というように、やや複雑なルートを通りながら
食品の順番と位置を記憶して、
その記憶力のテストをするというもの。

被験者はルートの順に食品を食べるグループと、
匂いを嗅ぐだけのグループに分けられ、
テストを行った結果、わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

おなかが減って「何か食べたい」と思っているとき、家にある低カロリーな食品よりも、お菓子やジャンクフードのような高カロリーの食品を優先して思い浮かべてしまう人は少なくないはず。この現象は、高カロリーな食品ほど「どこに置かれているか」を記憶しやすいためである可能性が研究によって示唆されています。

情報源: 脳は高カロリーな食べ物ほど置き場所を記憶しやすいという研究結果