学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

体に優しいオメガ3脂肪酸がアレルギーを促すことを発見 東京大学 | 大学ジャーナルオンライン


東京大学の研究グループが発見したこの研究は、
アレルゲンに反応するマスト細胞をオメガ3脂肪酸が
活性化させることを突き止めたそうです。

PAF-AH2という脂質分解酵素がエポキシ化オメガ3脂肪酸を産生。
これがマスト細胞の活性化を抑える作用を持つ、
Srcin1という分子の発現を減少させて、
アレルギー反応を起こすマスト細胞の活性化を促進しているそう。

PAF-AH2という脂質分解酵素が、エポキシ化オメガ3脂肪酸を
産生していることが分かったということで、
これを阻害するタイプの新しいアレルギーの創薬が実現するかも
というニュースです。
副作用の少ない創薬が実現するとよいなぁ。

論文の原文は、以下のタイトルです。

【Nature Medicine】
Omega-3 fatty acid epoxides are autocrine mediators that control the magnitude of IgE-mediated mast cell activation

 
オメガ3脂肪酸は、抗炎症作用、抗動脈硬化作用を持つと言われ、
一般に「体に優しい脂肪酸」として認識されている。
ところが、そのオメガ3脂肪酸が「アレルギーを悪くする」という意外な側面を持つことが、
東京大学の研究グループの発見によって明らかとなった。・・・ 

情報源: 体に優しいオメガ3脂肪酸がアレルギーを促すことを発見 東京大学 | 大学ジャーナルオンライン