学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

腸内細菌がいなくなると睡眠パターンが乱れる | 日本の研究.com


最近の研究で、腸内細菌が私たちの体の
さまざまな部分と関連があることがわかってきています。
アンドラでも、腸内細菌に関する研究を
これまでにも多くご紹介しています。

https://andla.jp/wp/?s=腸内細菌

筑波大学と慶應義塾大学の研究グループは、
慢性的な抗生物質投与によって、
腸内細菌叢を除去したマウスを用いて、
腸内細菌叢と脳機能の一つである
睡眠の関係について調査しました。

通常のマウスと腸内細菌叢を除去したマウスで
腸管内の代謝物質を調査した結果、
わかったこととは?

また、通常のマウスと腸内細菌叢を除去したマウスの
睡眠・覚醒状態を、脳波・筋電図を計測して
解析した結果からわかった腸内細菌と
睡眠の関係とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】腸内細菌がいなくなると睡眠パターンが乱れる | 日本の研究.com