学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

ロボットの「不気味の谷」現象は「誰が」感じるのか 九州大学が実証 | 大学ジャーナルオンライン


「不気味の谷」ってご存知ですか?
ロボットや人形の見た目が人間に近づけば近づくほど、
「怖い」「苦手」「違和感がある」というように、
強い不気味さを感じるようになる現象のことです。

この現象に、人が抱く未知への不安が深くかかわっていることを、
九州大学基幹教育院の佐々木恭志郎学術研究者らの
研究グループが突き止めたという記事。

研究方法は、
・実験参加者に13種の人間と人形の合成写真を見せる
・どれくらい不気味さを感じるか尋ねる
・自身が未知への不安を抱きやすい性格かどうか
を調査したとのこと。

その結果、未知への不安を抱きやすい人ほど、
分類困難な対象に不気味さを感じやすいことが明らかになった
ということです。

以下の記事の最後には英文の論文へのリンクが掲載されています。

 
ロボットや人形の見た目がある程度人間に近づくと、強い不気味さを感じるようになる「不気味の谷」現象。この現象に人が抱く未知への不安が深くかかわっていることを、九州大学基幹教育院の佐々木恭志郎学術研究者らの研究グループが突き止めた。研究結果はスイスの学術誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」電子版に掲載された。 ・・・

情報源: ロボットの「不気味の谷」現象は「誰が」感じるのか 九州大学が実証 | 大学ジャーナルオンライン