学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

福島原発事故から10年、森林-河川生態系を移動する放射性セシウムの動きを紐解く | 日本の研究.com


2011年3月の東日本大震災の際に
発生した福島第一原子力発電所の
事故により放出された放射性セシウムは、
周辺の森林・農地・居住地などを
広く汚染しました。

東京農工大学と国立環境研究所などの
研究グループは、福島原発事故から
10年の間に発表された約90報の
学術論文をレビューし、汚染地域の
最も主要な景観である森林、
そして森林と人々の生活圏を結ぶ
河川での放射性セシウムの動きを
網羅的に調査。

放射性セシウムはこの10年でどのように
移動していったのでしょうか?
また、時間を経ることによって、
どのような場所に多く蓄積していくと
考えられるのでしょうか。
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】福島原発事故から10年、森林-河川生態系を移動する放射性セシウムの動きを紐解く | 日本の研究.com