学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

起きていた時間を測る神経細胞の発見 〜寝ないと眠くなる仕組みの解明へ〜 | 日本の研究.com


最近では、睡眠の研究が盛んに行われているため、
睡眠不足とさまざまな疾患などとの関係も
明らかになってきています。

体内時計の影響で夜になると眠くなりますし、
起き続けていると猛烈に眠くなってしまう
ということもあります。

筑波大学の研究チームは、
「起き続けると眠くなる」という仕組みを解明するため、
単純な体の構造をもつ線虫を用いて実験を行いました。
線虫は、いくつかの睡眠を制御している遺伝子が、
哺乳類で共通していることがわかっているそうです。

線虫のある神経細胞の活動を高めるなどの
実験を行った結果からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

情報源: 【プレスリリース】起きていた時間を測る神経細胞の発見 〜寝ないと眠くなる仕組みの解明へ〜 | 日本の研究.com