学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

1人で社会的に孤立して暮らすことが人間の脳をどのように変えるのかが脳画像から判明|GIGAZINE


この学習ニュース拾い読みのコーナーでは、
「孤独」に関するさまざまな研究結果を
ご紹介してきました。
https://andla.jp/wp/?s=孤独

今回ご紹介するのは、1人で社会的に
孤立して暮らすことと脳についての関係に関する
研究結果をご紹介します。

中国の復旦大学やイギリスのウォーリック大学などが
参加する国際研究グループは、
社会的孤立が認知症のリスクや
神経細胞(ニューロン)からなる灰白質に
どのような影響を及ぼすのかを調べるため、
イギリスの大規模バイオバンクである
UKバイオバンクから抽出した約46万人の
データを分析。

社会的に孤立した人の脳に見られた特徴とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

人間は社会的な動物であるといわれており、人との関わりが薄く孤独に暮らしていると心身にさまざまなデメリットが生じることがわかっています。新たにイギリスや中国の国際研究チームが発表した論文では、「社会的孤立は脳の構造を変え、認知能力を低下させ、認知症のリスクを高める」ことが示されました。

情報源: 1人で社会的に孤立して暮らすことが人間の脳をどのように変えるのかが脳画像から判明