学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

日韓の消費者による燃料電池車・電気自動車の評価を調査|九州大学


2050年カーボンニュートラル社会を
達成するという目標に向けて、世界各国で
電気自動車や燃料電池車などの開発が
進んでいます。

しかし、日本においては、電気自動車や
燃料電池車への切り替えが思うように
進んでいない状況です。
一方、韓国では燃料電池車の販売台数が
世界一となったのだそうです。

九州大学とソウル大学の共同研究チームは、
ガソリン車を基準として、ハイブリッド車や
電気自動車、燃料電池車、
プラグインハイブリッド車などの様々な
代替燃料車間で、購入価格や燃料・電気代、
CO2排出量、最大走行可能距離を比較して
日本と韓国で燃料電池車が普及する
可能性を検証。

さらに、運転免許保有者を対象とした
インターネット・アンケート調査を
日本と韓国で実施したそうです。
分析の結果からわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

日韓の消費者による燃料電池車・電気自動車の評価を調査 ー効果的な次世代車普及政策立案と脱炭素社会実現への貢献に期待ー

情報源: 日韓の消費者による燃料電池車・電気自動車の評価を調査 | 研究成果 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY)