学習ニュース拾い読みのアイキャッチ画像

福島第一原発電所事故後の森林生態系で 放射性セシウムの自浄作用効果を解明|筑波大学


東日本大震災の影響により、福島県にある
東京電力福島第一原子力発電所事故が発生し、
高濃度の放射性セシウムの汚染が発生したことで
復興がなかなか進まないなどの問題が発生しています。

汚染された地域の約70%は森林に覆われており、
森林の大部分では除染が行われていません。
森林生態系内の放射性セシウムに関する
調査・測定の煩雑さなどから思うように進まない
状況になっているそうです。

筑波大学の研究チームは、2011年から
13年間にわたり、福島県川俣町山木屋地区の
スギ林において、落葉落枝層、土壌層及び
養分吸収を行うスギの細根について、
深さ方向に2cm間隔という非常に詳細な
スケールで放射性セシウムの動態を調査。

その結果からわかった森林生態系の自浄作用とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

福島第一原発電所事故後の森林生態系で 放射性セシウムの自浄作用効果を解明 | 生物・環境 – TSUKUBA JOURNAL
東京電力福島第一原子力発電所事故後13年にわたる森林モニタリング調査により、土壌中の放射性セシウムの下方移行という自然のプロセスが、根による放射性セシウム吸収量や空間線量率を低下させる除染効果を持つことを明らかにしました。
www.tsukuba.ac.jp

[PR]