最新の国勢調査に基づく将来人口予測が可能に! ~地区レベルの将来人口予測ツールを改良~ | 日本の研究.com


国土技術政策総合研究所から、
研究や調査に利用できるツールの
改良版が公開されたのでご紹介します。

国土技術政策総合研究所では、
「小地域(町丁・字)を単位とした将来人口・世帯予測ツール[試行版]」
を平成29年1月27日に公開しました。
今回は、平成 27年国勢調査結果に基づく
最新の将来人口予測等が可能になったいうもの。

利用方法は、
ポータルサイト「G 空間情報センター」
https://www.geospatial.jp/
においてユーザー登録の上、
国土交通省国土技術政策総合研究所のサイト
https://www.geospatial.jp/ckan/organization/nilim
から、ツールをダウンロードして利用できます。
(無償利用可能)

こうしたデータを利用して研究や分析を行いたいとき
活用できそうです。
詳しくはリンク記事でご確認ください。

ツールの主な特長についての詳細はリンク記事で
ご確認いただけます。
Excel上で利用できるので、操作が簡単であることや
予測結果をグラフにできたり、マップ表示もできるのは
とても便利な機能だと思います。


情報源: 【プレスリリース】最新の国勢調査に基づく将来人口予測が可能に! ~地区レベルの将来人口予測ツールを改良~ | 日本の研究.com