学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

ゾウがガンになりにくい仕組みが科学的に明らかに|GIGAZINE


例えば、大型犬は小型犬よりもガンになりやすい
傾向にあることが研究により明らかになっているそうです。

細胞が多いほどガンを発症するリスクがあると
考えらているからということですが、
この考えに当てはまらない動物がいることから、
最近では、細胞数が影響するということではないかも
しれないと考えられているそう。

これまでの考えに当てはまらない動物とは、
「ゾウ」なのだそうです。

2015年に公表された研究から、ゾウのガンによる
死亡率はわずか5%弱であることが
明らかになっているとのこと。

なぜゾウはガンによる死亡率が低いのか。
その理由のひとつはガン形成を抑制する遺伝子のコピーを
大量にもっているからなのだそう。

遺伝子学者のビンセント・リンチ氏と研究チームが
行なった研究は、ゾウや同じ祖先を持つとされる
マナティーのような動物の組織サンプルを採取し、
DNA細胞に損傷を加える発ガン性物質を使って
組織サンプルがどのように変化するのか観察したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

2015年に発表された論文(ゾウのガンによる
死亡率はわずか5%弱と発表した論文)へのリンクも
掲載されています。


by James Hammond
ゾウはガンになりにくいことが知られており、科学者たちはその仕組みを解き明かそうと長年研究を続けてきました。シカゴ大学の研究者たちによる最新の論文によると、ゾウは死

情報源: ゾウがガンになりにくい仕組みが科学的に明らかに