Home > NEWS > 睡眠学習により外国語のボキャブラリーを増やすことができる|GIGAZINE

睡眠学習により外国語のボキャブラリーを増やすことができる|GIGAZINE


記憶の定着に睡眠は欠かせないとされています。
そして、学生時代のテスト前に、
睡眠中も学習ができればよいのにという
願望を抱いた人は少なくないかもしれません。

かつて枕の中にカセットテープを仕込む
「睡眠学習器」なるものが存在したことからも
寝ている間になんとかしたいという思いが
多くの方の中にもあるかも。

スイスのベルン大学の研究者らは、
睡眠中に言語学習の音声を再生することで、
弱い記憶を強化し、新たに獲得された情報を
既存の知識に埋め込む実験を行なったそう。

睡眠時に人工言語の単語とその翻訳語を
再生するという実験を経て、
被験者が目を覚ました後にどのような
様子がみられたでしょうか?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


睡眠時間はゆったり安らげる癒やしの時間であるものの、「睡眠をもっと生産的にできないのか?」という考えから「睡眠学習」の研究が行われています。睡眠学習は覚醒時の記憶を定着させると言われることが多いものですが、それとはまた別に、睡眠時の言語学習が有用であると研究により示されています。

情報源: 睡眠学習により外国語のボキャブラリーを増やすことができる


error: