Home > NEWS > 救急隊が行う、院外心停止における高度気道確保の有効性 | 大学ジャーナルオンライン

救急隊が行う、院外心停止における高度気道確保の有効性 | 大学ジャーナルオンライン


心停止を起こした患者に対して、
AED(体外式自動除細動器)を用いた
電気ショックによる救命処置が知られるようになり、
多くの場所にAEDが設置されるようになりました。

しかし、こうしたAEDや心配蘇生によって
自己心拍が再開しなかった場合は、
救急車で運ばれて処置されることになります。

その場合は、気管挿管などの2次救命処置を
行うことになりますが、こうした対応の有効性について
これまで十分明らかとなっていなかったそうです。

大阪大学とピッツバーグ大学などの研究グループは、
院外心停止における高度気道確保の効果について、
新しい解析手法で評価。
1か月後の生存率を比較したそうです。

その結果、わかったこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
病院外で心停止を起こした患者に対し、救急隊は、胸骨圧迫などの心肺蘇生行為やAED(体外式自動除細動器)を用いた電気ショックといった1次救命処置だけでなく、1次救命処置で自己心拍が再開しなかった場合は、声門上気道確保器具や気管挿管チューブを用いた高度気道確保や静脈路からのアドレナリン投与といった2次救命処置を行う。しかし、院外心停止における高度気道確保の有効性は、

情報源: 救急隊が行う、院外心停止における高度気道確保の有効性 | 大学ジャーナルオンライン


error: